メインに戻る
笹倉鉄平
リャド
ラッセン
山形博導
天野喜孝
中島千波
シムシメール
日本洋画作家
ヨーロッパ作家
アメリカ作家

ペイオフの全て−ペイオフ解禁の対応法−
   ホーム>お役立ちリンク集>ペイオフの全て

「ペイオフ」とは? 「ペイオフ」とは?

「ペイオフ解禁」とは? 「ペイオフ解禁」とは?

「ペイオフ解禁」の沿革 「ペイオフ解禁」の沿革

どの預金がいつまで保護されるか? どの預金がいつまで保護されるか?

銀行が破綻したらどうなるか? 金融機関が破綻したらどうなるか?

破綻直後に預金は受け取れるの? 破綻直後に預金は受け取れるの?

ペイオフ解禁後は全額保護はされないの? ペイオフ解禁後は全額保護はされないの?


ペイオフQ&A


借入金との相殺について 借入金との相殺について

預金保護の優先順位 預金保護の優先順位

マンションの積立金 マンションの積立金

町内会など法人格をを持たない団体 町内会等の法人格をを持たない団体

個人事業名義の預金 個人事業名義の預金

自治体の預金 自治体の預金の対応

郵便貯金の預金 郵便貯金の預金

外貨預金、外国銀行の日本支店預金 外貨預金、外国銀行の日本支店預金

農協への預金 農協への預金

手形の決済金融機関が破綻した場合 手形の決済金融機関が破綻した場合

家族への預金の移し変え 家族への預金の移し変え

確定拠出年金(日本版401K)の運用金 確定拠出年金(日本版401K)の運用金

1000万円を越す分のカット率 1000万円を越す分のカット率   

金融機関の選び方 金融機関の選び方

金融機関格付情報 金融機関格付情報 金融機関の自己資本比率 金融機関の自己資本比率



「ペイオフ」とは?

ペイオフ制度は1970年代に創設された金融機関が破綻した時の処理方法で、金融機関から集めた保険料によって保険対象となる預金について一定限度まで預金者に払い戻し、そのうえで金融機関を清算する制度をさします。

広義では※P&A方式での清算もふくめてペイオフと呼びますが、狭義では預金者に直接、預金保険から支払う方式をペイオフと呼びます。

※P&A方式(資産・負債の継承方式)・・・破綻した金融機関の受け皿となる金融機関に、預金保険からお金を援助して払い戻しを保証する方式。


「ペイオフ解禁」とは?

ペイオフ解禁とは1995年6月より政府により全額が払い戻し保証されていた預金が、金融機関が破綻した場合、2002年4月から、定期預金など定期性預金については元本1000万円とその利息までしか払い戻し保証されないことで、2003年4月からは普通用金など決済性預金も含めて、元本1000万円とその利息までしか払い戻し保証されないことである。
※2002年10月8日ペイオフ普通預金等の解禁は2年延長されました。

トップに戻る


「ペイオフ解禁」の沿革

ペイオフ制度は1970年代に創設されました。

しかし、政府は90年代初頭に信用組合が破たん、ペイオフを凍結解除すると、預金者に動揺が広がり、ひいては金融システムの危機につながりかねないと判断して、ペイオフ制度を緊急避難的に凍結してきました。

96年には、2001年3月末までの間、特例措置として預金の全額を保護することを決めました。

 ところが、相対的に経営体力の劣る中小の地域金融機関から預金などが流出する可能性が高いと判断した政府は、99年末に再び2002年3月末までペイオフ凍結を延長することにしました。現時点では、ペイオフは2002年4月以降に凍結解除となります。

 預金を預けた金融機関が破たんした際には、預金者によっては元本が全額戻らない人も出てくる可能性があるわけです。
ただ、預金の商品性によって支払いの保証を受ける範囲は異なります。

最初にペイオフ凍結解除の対象になるのは、定期預金や定期積金、金融債などです。

普通預金や当座預金といった決済性預金は当面全額保護されます。

ペイオフの凍結解除は個人の預金者だけでなく、東京都などの地方自治体が公金をどのように保護するかや、マンションの管理組合による管理費の保護策など影響は多岐にわたっています。

トップに戻る


どの預金がいつまで保護されるか?

   2002年(平成14年)3月末迄2002年4月〜2005年3月末迄2005年(平成17年)4月以降
・当座預金
・普通預金
※別段預金
  全額保護    全額保護   合算して1000万円までの
 元本とその利息 
その他の預金等
・定期預金
※定期積立
※元本補填契約
金銭信託

※保護預専用
金融債等
  全額保護   合算して1000万円までの
 元本とその利息 
 合算して1000万円までの
 元本とその利息 
対象外の預金等
※外貨預金
※譲渡性預金
※元本補填契約
無金銭信託

・保護預専用商品
以外の金融債等
  全額保護   合算して1000万円までの
 元本とその利息 
 預金保険制度保護対象外

破綻金融機関の財産の状
況に応じて一部カットされる
ことがあります
※2002年10月8日ペイオフ普通預金等の解禁は2年延長されました。


  ※別段預金・・・振込資金等の一時的な管理を行うための預金


  ※定期積立・・・信用金庫や信用組合の定期積み立て金


  ※元本補填契約のある金銭信託・・・貸付信託、信託銀行の「ビッグ」


  ※保護預専用金融債等・・・金融機関が保護預りしている金融債、「ワイド」


  ※ 外貨預金は預金保険の対象の預金ではありませんが、預金保険機構による買取
    りの対象となりますので、破綻金融機関の財産の状況によって支払いがされます。


  ※譲渡性預金(CD)・・・銀行が発行する無記名の預金証書(最低発行単位は5000万円)


  ※元本補填契約の無い金銭信託・・・「ヒット」「スーパーヒット」
トップに戻る


金融機関が破綻したらどうなるか?

○金融機関が破綻するとP&A方式かペイオフ方式のいずれかを適応します。

・P&A方式(資産・負債の継承方式)・・・破綻した金融機関の受け皿となる金融機関に、預金保険からお金を援助して払い戻しを保証する方式。

・ペイオフ方式(保険金支払い方式)・・・預金保険から直接、預金者にお金を支払う方式。

※広義ではP&A方式での清算もふくめてペイオフと呼びますが、狭義では預金者に直接、預金保険から支払う方式をペイオフと呼びます。

※金融庁や預金保険機構はできるだけペイオフ方式を避けて、P&A方式で金融機関の処理をして、払い戻しを保証したい考えです。
  ペイオフ方式では金融機関を清算して消滅させてしまうため、決済サービスができなくなるなどの不便が生じるためです。

  また清算すると、健全な借り手企業などにも悪影響が及びかねません。

  一般にペイオフ方式よりP&A方式の方が破綻処理のコストや混乱が小さいというのが専門家の見方です

  注意が必要なのは、どちらの方法にしても元本1千万円とその利息を超える預金等については、一部が戻ってこない事もあるということです。

  どれだけのお金が戻ってくるかどうかは、破綻した金融機関の残った財産に応じて変わります。


トップに戻る


破綻直後に預金は受け取れるの?

    ※「金ー月処理」が典型的処理方式

  金融機関が破綻したら、一旦店舗や窓口の銀行自動預け払い機(ATM)は閉鎖されるため、どんな預金も直ぐには受け取れません。

受け取れる時期は残高によって変わります。

  まずはペイオフの払い戻し保証の対象である元本1千万円とその利息までは「金ー月処理」で金融機関の破綻後数日以内に受け取れる見通しです。

  その次は元本1千万円を超え保険対象とならない部分で、破綻してから数ヶ月から1年程度はかかる見通しです。

  破綻金融機関は預金保険機構に預金者の住所や生年月日といったデータを提供し、預金保険機構はそれを基に複数口座を持つ預金者の残高を集約します。

  これは「名寄せ」と呼ばれる作業で、一人で不正に何人分もの預金を引き出す事を防ぐの狙いです。

  預金の受け取りは「名寄せ」が終わるまで出来ません。

  預金保険機構は「名寄せ」にかかる時間を明示していませんが、銀行業界では金融機関が破綻してから3〜4日で「名寄せ」が終り、預金を渡せるようになると見ています。

  しかし破綻金融機関が預金者データの管理を怠っていると、保証対象預金であっても、受け取りに1週間以上かかるケースも考えられます。

  2003年4月までは普通預金は全額保証のため、全額直ぐに引き出せると思いがちですが、金融機関が破綻すると普通預金も「名寄せ」が終了するまで、 引き出せません。

  ただ定期預金等の「名寄せ」に時間がかかるようであれば、預金保険機構は2003年4月まで普通預金だけ早期に引出しを認める方針です。

2003年4月以降は普通預金もペイオフ対象になりますが、「名寄せ」に時間がかかるようで有れば、預金保険機構は普通口座1口座当たり60万円を限度として「仮払い」を実施します。

保証対象外の元本1千万円を越す部分とその利息で、どうしてもまとまったお金が必要な場合は、預金保険機構が一部を支払う制度「※概算払い」が有ります。



※「金ー月処理」・・・金曜日に金融機関の破綻処理をし、金融機関が休みの土曜、日曜を利用して、「名寄せ」を終え、別の受け皿銀行に預金等を引き継がせます。

※「概算払い」・・・預金保険機構から預金者に申込書が郵送されてきますので、預金者は必要事項を書きこみ、戸籍抄本など本人である事を確認できる資料と一緒に郵送すれば手続きは完了します。

概算払いは義務ではありませんが、資金需要の有無に関係無く申し込んで、他の金融商品に預け買えた方が懸命です。

支払い金額がいつ確定するか不透明ですし、その間は全く利息もつかないからです。


トップに戻る


破ペイオフ解禁後は全額保護はされないの?

金融機関が破綻した場合は基本的には元本1000万円とその利息を越える部分に関しては全額は保護されないと考えてください。

例外的にその金融機関が債務超過でなければ、全額戻ってきます。

金融機関が一時的な資金繰り難や銀行免許の取り消しなどが原因で破綻した場合で資産自体が痛んで無い場合は全額戻ってきます。

元本1000万円とその利息を越える部分の払い戻しにつきましてはその金融機関の資産状況によって変わってきます。

もうひとつは日本が金融危機に陥る恐れの有る時で、言い換えれば、預金の全額保護を宣言しないと、金融機関から大量の資金が引き出され大混乱する事態が連鎖的に起こるような場合です。

預金保険法によると、首相が金融危機の恐れがある時と認定して場合は、公的資金を使って金融機関の預金を全額保護することができます。

そのために預金保険機構には15兆円の公的資金枠が用意してあります。

「金融危機」にははっきりした定義はありませんが、一般的には連鎖的な金融破綻や、資金繰り難や大規模な貸し渋り、大手銀行の株価が暴落した時などが金融危機にあたると思われます。

預金保険法ではあらゆる事態に対応できる様に、「国または地域の信用秩序に極めて重大な支障が生じる場合」とわざとあいまいに決められています。

*金融危機の恐れがある場合は首相は官房長官や金融担当相ら6人のメンバーからなる金融危機対応会議を開きます。

危機であればそれを認定して、対応策を決めます。

破綻した金融機関の預金を全額保護できるほか、破綻していない金融機関に対する資本注入や破綻金融機関の一部国有化などで危機に対処します。


トップに戻る


借入金との相殺について

基本的に同一金融期間の預金と借入金は相殺できます。

2002年4月以降は金融機関が破綻した場合は、定期預金などから借入金を差し引いた額のうち、元本1000万円とその利子まで払い戻しが保証されます。

金融機関が破綻した場合は破綻した金融機関に書類と預金通帳などを添えて申し込む必要があります。

窓口の金融機関に申込書を渡す際は、必ず預かり書を受け取りましょう。

郵送する場合は、配達証明付き内容証明郵便が確実です。

●相殺対象の預金は選択可能です。

複数の種類の預金がある場合は、預金者はどの預金と相殺するか選べます。

例えば、金利が異なる預金を複数持っていて、金利が高い方を残して置きたい場合は、金利の低い預金だけを相殺対象にしている事が出来ます。

●借入金と相殺できない場合もあります。

従来の定期預金は、満期後ごでなければ相殺が認められませんでした。

最近は多くの金融機関がペイオフ解禁に備え、満期前でも相殺できる様に預金の契約を変えています。

個人で契約の中身を確認するのは難しいので、一度取引先の銀行にお問い合わせください。

あと相殺できるのはあくまで破綻した金融機関に借りているものに限ります。

民間の金融機関が住宅金融公庫、年金資金運用基金の住宅ローン、国民金融公庫、中小企業金融公庫の事業性資金等の融資を取り扱っていることが有りますが、 これらの融資は代理貸付のため、破綻金融機関からの借り入れでない為相殺出来ません

●相殺してもローンが残る場合。

住宅ローンを相殺すると住宅ローンの契約は一旦無効になります。

本来、毎月少しずつ返済していくはずが残債を一括で返済しなければならなく恐れがあります。

ローンが残る場合はローンの引継ぎ可能な他の金融機関を見つけるなど、充分吟味する必要があります。


トップに戻る


預金保護の優先順位

複数の預金があり、その元本合計が1000万円を越えている場合は、その預金ごとに払い戻し保証の優先順位があります。

2003年3月までは普通預金、当座預金、別段預金は別枠で保証されますが、2003年4月以降は普通預金、当座預金、別段保険が 払い戻し保証の優先順位が一番高くなります。

貯蓄預金、定期預金の場合は、満期日がない貯蓄預金が一番高く、定期預金は満期日が近いもの程、優先順位が高く、同じ満期日では金利が低いもの程、優先順位が高くなります。

金利が低いもの程、優先順位が高くなるのは、預金保険が預金者の生活を最低限保証するという趣旨に沿ったもので、高金利の預金まで全て保証すると、経営が悪化した金融機関が、 金利引上げ競争に走るような弊害が出る恐れがあるためです。


トップに戻る


マンションの積立金

マンション管理組合は居住者から集めた多額の修繕積立金などを金融機関に預けています。

マンション管理組合は原則として1つの独立した預金者と見られるため、2002年4月以降に金融機関が破綻した場合、定期預金(2003年4月以降は普通預金も合算)等の元本1000万円とその利息を 越える部分は一部払い戻しされない可能性があります。

例えば100世帯が住んでいるマンションで一世帯あたり200万円を定期預金にまとめて積み立てているとすると、総額で2億円にもなってしまいます。

もし積立をしていた金融機関が破綻した場合、ペイオフの上限である1000万円を差し引いた1億9000万円ものお金が戻ってこない可能性が出てきます。

今のところ管理組合が預金で全額を守るためには3つの方法が考えられます。

1.別々の金融機関に1000万円ずつ預ける。

しかし2億円もの積立金があれば20通の通帳を管理しなければなりません。

管理組合の理事長は1〜2年おきに輪番で務めるのが通例で、そのたびに通帳を引き継ぎ、定期預金の満期日や預け替え日を管理するのは非常に煩雑です。

2.積立金をそれぞれの居住者に分割できるように規約を改正する。

管理組合が法人格を取得していない場合、規約に「居住者は積立金を返してもらう権利(分割請求権)がある」という項目を盛り込めば、積立金は潜在的に個々の居住者の預金とみなされます。

万一、金融機関が破綻しても、一世帯あたりの積立金が1000万円以下なら全額戻ってくるはずです。

ただ、そうした規約を作った場合、居住者が区分所有権を売却後に積立金の一部返還を要求したり、自分に直接関係ない建物の部分の修繕に自分の積立金を使うのを拒否したり、管理に重大な 支障をきたす事も考えられます。

そして預金先の金融機関も個々の居住者の預金とみなさない事も可能性もあります。

3.管理組合が金融機関からお金を借りて預金と相殺できる様にする。

居住者が毎月支払う修繕積立金を減額して、修繕実施日が近づいたら、金融機関から不足分を借りて修繕費を支払います。

そして、その後居住者が新たに支払う修繕積立金で借入金を少しずつ返済していきます。

ただ収益事業を営んでいない管理組合は融資が受けにくいため、法人化して融資を申し込むと金融機関が融資しやすいです。

現行法では管理組合は入居世帯が30以上あれば法人格を取得できます。2003年以降は法改正により2世帯以上あれば、法人格を取得できる様になる見通しです。

預金以外では安全な債権に移し変えるのもひとつの方法です。

国債は国が補償する債権ですので、全額保証されますが、満期前に換金しますと、金利情勢によっては購入金額を割る可能性があります。

住宅金融公庫には、同公庫が発行する債券を毎年1回、定期的に購入する制度(
マンション修繕債券積立制度) が有ります。

購入を始めて1年以上経てばいつでも利息付きで換金できます。

ただ住宅金融公庫は2006年末までに廃止され、独立行政法人に転換する予定なので、2007年以降は安全面で若干の不安が残ります。

マンション積立金は多数の居住者の共有の財産ですので、一時的には全額保証の普通預金に避難させ、全居住者が参加する総会で充分論議した上、多数決等で決議すべきでしょう。


トップに戻る


町内会など法人格を持たない団体

修学旅行の積立金、町内会、同窓会、趣味のサークルなど法人格を持たない団体の預金はその団体の規約内容と運営方法によって異なります。

まず役員会などの組織があり、多数決などにのっとって運営され、構成員が変わっても存続できる団体で、かつ個人財産から独立した財産を持っていれば、独立した一つの預金者と見られます。

法律用語ではこの団体は「権利能力なき社団」と呼ばれマンション管理組合や町内会、同窓会などが該当すると思われます。

その場合は金融機関が破綻すれば1000万円の元本とその利息までしか保証されません。

それ以外の団体は「任意の団体」とみなされ、金融機関の破綻後に、預金はそれぞれの構成員に分割されます。

これには修学旅行の積立金や趣味のサークルなどが該当します。

もっとも「権利能力なき社団」「任意の団体」の境界はあいまいで区別は難しいです。

法律的には一切規定されておらず、※最高裁判所の判例(最高裁判決昭和三九・一〇・一五)に基づいているだけす。

例えばマンション管理組合は通常「権利能力なき社団」ですが、管理規約の中に、「修繕積立金は区分所有者に分割できる」という項目が入っていると「任意の団体」になりえます。

逆に大半の旅行サークルは「任意の団体」ですが、構成員が何百人にものぼり、役員会の多数決で行く先を決めような場合は「権利能力なき社団」ともいえます。

これまで金融機関は法人格を持たない団体からの預金を受け入れる際、いちいち規約内容や運営方法を確認せずに、自動的に、1つの独立した預金者である「権利能力なき社団」に区別している様です。

本来、各金融機関はペイオフ凍結が解除される2002年4月までに、改めてすべての団体に連絡をとって、預金者の区分を見直さなければならないのですが、実際はそこまで手が回らないのが実嬢です。

預金者である団体は、自分たちが「任意の団体」であると思えば、取引先の金融機関に区分の見直しを要求した方が良いでしょう。

構成員の名簿や預金の積立の状況も数年経てば変わります。

そのため、「任意の団体」の代表者は、金融機関が破綻した時に備えて資料管理を徹底しておくことが必要です。

注意が必要なのは、仮に「任意の団体」とみなされて預金が個々の構成員に分割された場合、同じ金融機関に預けてある、その個人の預金と合算されるという事です。

法人格をもたない「任意の団体」の預金は代表者の個人名などを便宜上使うケースが多く、個人と団体と区別しているつもりでも、金融機関が同一視する可能性がありますので、 「XXサークル代表XXXX」という様に団体名と個人名を表記する必要があります。



※(最高裁判決昭和三九・一〇・一五)「権利能力のない社団というためには、団体としての組織を備え、多数決の原則が行なわれ、構成員の変更にかかわらず団体が存続し、その組織において代表の方法、総会の運営、財産の管理等団体としての主要な点が確定していることを要する。」
トップに戻る


個人事業名義の預金

個人用の定期預金(2003年4月よりは普通預金も合算)と事業用の定期預金がそれぞれ別々に預金保険による保護が受けられるかどうかは、その事業が法人格を持っているかどうかで決まります。

つまり法人登記していない個人事業主の預金は個人の預金と合算の上、1000万円の元本とその利息までしか保護されません。

1つの銀行の預金合算が1000万円を越える場合は、法人格を取得して別預金者にするか、個人の預金を別の金融機関に移すのも一つの方法です。


トップに戻る


自治体の預金

全国には3200の自治体があり、国内の金融機関に預ける公的預金はおおよそ20兆円です。

単純平均しても60億円を超えます。

各自治体がいくら複数の金融機関に預金口座を分散させても、一つ一つを「元本1000万円とその利息」という払い戻し保証の範囲に収めるのは極めて難しいと言えます。

自治体が始めているペイオフ対策の柱は主に3つ有ります。

1.安全度が高いと思われる国債など、他の運用手段に資金を移す。

当面の策としては、全額保護が終了する定期預金を減らし、2003年3月末までは全額保護が続く、普通預金等、決済性の預金に預け入れる動きが目立っています。

日本銀行の調べでは、国内のすべての銀行が2001年11月に受け入れている公金預金残高(月平均)は定期性資金が1年前の3分の2に激減し、普通預金など決済性預金の残高が20%増えています。

2.預金残高の多い金融機関から借り入れを増やし破綻時に相殺出来る様にする。

必要な行政経費を借金でまかなっている自治体にはこの方法を取ることが可能ですが、多くの自治体は特定の金融機関に引き受けてもらう縁故地方債を発行して資金を調達しています。

地方債を証券の形で発行するのが一般的な方法ですが、これだけでは借入金とはみなされず、預金との相殺は出来ません。

地方債の種類を金融機関と自治体が相対の貸借契約書を交わす形となる「証書借り入れ方式」に切り替えれば、始めて縁故債と預金残高との相殺が可能になります。

ただ金融機関は転売可能な証券方式を好む傾向にあり、自治体の思惑通りに証書借り入れ方式への転換が一気に進むとは必ずしも言えません。

3.預金先の金融機関の経営状態をチェックする機関を作り、破綻の要素が出てきたら直ぐに預金を引き上げる。

経営監視については全国最大の自治体である東京都が2002年1月末に注目すべき対策を明らかにしました。

まず、預け先の金融機関の格付けや自己資本率などを組み合わせた金融機関の経営判断基準を設けて、経営が悪化したと判断した場合は、預入れする期間の長さや金額を絞り込んだり、さらには新規の預金を止めるなどの自衛策を取るというのが概要です。

こうした意思決定については、必要に応じて金融機関の経営を監視したり、預金防衛の対策作りをするために、アナリストや公認会計士などの専門家で公金管理委員会を設け、対応を決定してもらう仕組みです。

公金は規模が大きいだけに、自治体がペイオフ対策として多額の資金を引き出しに動くと、地域金融機関の資金繰り難を招きかねず、破綻の引き金となり、雇用や中小企業への金融機能など地域経済に大きな影響を及ぼす可能性も出てきます。
トップに戻る


郵便貯金の預金

郵便貯金や国債、地方債はそもそもペイオフ制度対象外で、ペイオフの解禁に伴って消費者の保護の仕組みが大きく変わるわけではありません。

郵便貯金には、銀行の普通預金にあたる通常貯金、定期預金にあたる定額貯金、更に当座預金に相当する郵便振替口座等があります。

いずれも郵便局に行けば誰でも口座を開設してお金を預ける事が出来ます。

郵政公社が設立される2003年4月までは、いずれの貯金商品も政府が管理し、全額保護する事になっています。

それは郵貯、簡易保険、郵便の郵政三事業が国の直営事業となっているからです。

この郵政三事業の運営は2003年4月に新たに国が設立する郵政公社に移管されます。

郵政公社は組織も会計も国から分離され、独立採算制となります。

2002年春に通常国会に提出される予定の日本郵政公社法案には、郵貯の支払いを国が保証することが盛り込まれたため、当面預金者に損失が発生する事はありません。

通常貯金や定額貯金の預け入れ限度額は合計で1000万円となっています。

そこで、ペイオフ対策として注目されているのが、郵便振替口座です。

本来は通販会社などが、顧客から代金を収集するために利用するもので、預け入れ限度額が設けられていません。

キャッシュカードは発行されず、金利もゼロで、利便制が大幅に制限される難点はありますが、預け入れ限度額が無く、全額を国が保証しているからです。
トップに戻る


外貨預金、外国銀行の日本支店預金

外国の銀行の在日支店は日本の預金保険制度に加入していません。

原資となる保険料を預金保険機構に納めていないので、外貨か日本円を問わず、いずれも預金保険の対象から外れます。

国内に本店がある日本の民間保険機関であっても、海外支店は預金保険機構の対象外となります。

そして外貨預金も預金保険機構の保証の対象外です。

そこで外貨預金をする際に活用したいのが、海外の預金保険制度です。

米国の場合、原則として1つの銀行に付き元利合計10万ドルまで保護します。

保護の対象となる預金者は
米連邦預金保険公社(FDIC)加盟の銀行の全預金者で、米国民である必要もなく、米国に居住する必要もありません。

日本国内からFDIC加盟銀行の米ドル預金口座を開く事も出来ます。

東京三菱銀行は「海外口座紹介サービス」で同行のグループ銀行のユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア」(本店:サンフランシスコ)の口座開設を取次いでくれます。

対象は東京三菱銀行に口座があり、DCカードなどを持っている個人顧客で、必要な書類はパスポートのコピーと手数料(1000円+消費税)です。

残高照会などは日本語のオペレータも対応しておりますので、英語が出来なくても大丈夫です。

申し込み書は店頭にないため、東京三菱銀行スーパーダイアル(0120-508639)に電話して申込書を請求し、郵送で手続きをします。

しかし外貨預金には金融期間の破綻のリスクのほかに為替リスクも有ることを充分に認識して預ける必要があります。


トップに戻る


農協への預金

農協やその上部団体である信用農業協同組合連合会(信連)、漁業協同組合は預金保険制度の対象外です。

農協などの系統金融機関が破綻した場合は、農水産業協同組合貯金保険機構
の「貯金保険制度」が預金保険制度とほぼ同じ仕組みで1000万円とその利息を限度として保護しています。

農協には貯金保険制度以外に貯金者を守るもう一つ別の制度があります。

「相互援助制度」と呼ばれる制度です。

この制度は、農協自らの資産で貯金を全額返せないような恐れが生じた場合、その農協の経営を引き継ぐ近隣の農協(救済農協)に対して、貯金保険制度と共に不足分の資金を拠出する役割を果たします。

そうして不足分が埋まりさえすれば、ペイオフとなるのを回避することが出来ます。

漁業協同組合も同様の仕組みの支援制度があります。


トップに戻る


手形の決済金融機関が破綻した場合

2003年3月までは手形の決済資金のある当座預金は全額保護されるため、金融機関が破綻した後も、振込や送金などといった処理途中の業務はそのまま続けられる事になっています。

手形や小切手、個人のクレジットカードの支払い、公共料金の引き落としなどの資金決済が滞る心配はまずありません。

もし支払いに必要なお金が不足する場合は破綻後でもその口座に入金する事も出来ます。

しかし預金保険機構が※「名寄せ」に手間どり、一時的にせよ預金残高が十分ある企業まで資金決済できなくなる可能性はあります。

そこで預金保険機構は「破綻直後に決済を予定しているなら、決済相当額の預金が1口座にあるはず」と判断して、名寄せが完了していなくても、 本人確認などを通じて預金の残高が確認できれば決済を認める事を検討しています。

2003年4月以降は当座などの決済性預金も全額保護されないため、1000万円の元本とその利息までしか全額は保証されません。

このため、1000万円を越える部分についていは支払い確定まで原則として決済にあてられない仕組みです。

つまり直ちに1000万円を越える決済に必要な資金を新たに用意する必要が出てきます。

もちろん金融機関の破綻が原因のため、手形決済できなくても、不渡りとはみなされず、銀行取引停止にはなりません。

ただ取引先に決済期日を延長してもらったり、不足分の調達など中小企業などには大きな危機になる可能性も有ります。

そのためにも1000万円を越える部分いついていは「※概算払い」の手続きをいち早く行う必要があります。



※「名寄せ」・・・破綻金融機関は預金保険機構に預金者の住所や生年月日といったデータを提供し、預金保険機構はそれを基に複数口座を持つ預金者の残高を集約すること。

※「概算払い」・・・預金保険機構から預金者に申込書が郵送されてきますので、預金者は必要事項を書きこみ、戸籍抄本など本人である事を確認できる資料と一緒に郵送すれば手続きは完了します。


トップに戻る


家族への預金の移し変え

ペイオフで預金を払い戻す時は年齢に関係無くゼロ歳児でも口座を持っていればそれぞれ一預金者として扱います。

しかし、財産を家族に分ける事は、税制の問題があります。

年間110万円までの贈与分は「基礎控除」として課税対象になりませんが、それを越える部分には原則として贈与税がかかります。

そしてもう一つの問題は預金の分散が不正につながるのを防ぐ規定があるのです。

預金払い戻しの際に子供や家族の名義で開設した預金口座が単なる「名義の借用」にすぎないと見なされれば、移し変えた預金はペイオフの払い戻しの対象からも外れてしまう恐れすらあります。

預金保険法の施行令では、こうした預金を「他人名義預金」という風に区別しています。

架空名義預金等もこの種類に入ると位置付けになっており、不正な預金の一つとして保護されません。

本人名義と他人名義の違いは実ははっきりしません。

預金保険機構は金融機関に対して、家族名義の口座を開設する顧客に口座開設の目的などを聞いたり、預金口座を作る家族の「本人確認」ができるような保険証などの証明書類の提示を求めてすする様にと求めています。

例えば養育費の積み立てる目的で子供名義の口座を作ったことが明確なら、他人名義と判断されると見なされる事はないと見られます。

ただ預金保険機構はその詳細な判断基準を明らかにしていません。

「こうした預金は問題がない」という類型を作れば、脱税目的などで、預金分散に悪用されると懸念しているためと思われます。

金融機関で「他人名義預金」でないと証明してもらう事は実際難しいと言えます。

結局家族名義で細かく分散するより、自分名義で他の金融機関に預金を分散させたほうが確実といえます。
トップに戻る


確定拠出年金(日本版401K)の運用金


確定拠出年金(日本版401K)はその一部を定期預金で運用しています。

確定拠出年金の加入者は、定期預金を提供する金融機関と直接契約を結んでいません。

加入者から年金資金を預かり、加入者の指図にしたがって預金等金融商品に投資する投資管理機関(信託銀行など)が、複数の加入者のの資金を集約した上で金融機関と一括契約しています。

資産管理機関が一つの独立した預金者となって金融機関に定期預金を預けている形です。

金融機関が破綻した場合、預金者ごとに元本1000万円とその利息まで保証するのがペイオフの基本原則です。

しかし預金保険法では特例として、確定拠出年金での資産管理機関の定期預金は加入者ごとに分割すると定めています。

もし加入者が確定拠出年金とは別に、個人でたまたま定期預金(2003年4月以降は普通預金も合算)を持っていれば、それぞれの残高を合算して、元本1000万円とその利息を越える部分の 一部が削除される可能性があります。

もっとも確定拠出年金の限度額は年間21万6000円(既存の年金制度と併用する企業の場合)ですので全額を定期預金に回しているとしても、10年でも216万円ですので、 同一銀行に800万円以上の預金が無ければペイオフの範囲内でが、もし確定拠出年金の預け先と本人の預金が同じ場合は一部を他の金融機関に分けるのもひとつの方法です。

なお確定拠出年金の定期預金は、預金の名義が資産管理機関のため、通常の定期預金の様に借入金との相殺は出来ませんのでご注意ください。

通常の預金であれば、金融機関が破綻した後、お金は預金者個人に戻ってきます。

それに対して、確定拠出金の定期預金は、資産管理機関が直接契約者になっているため、

資産管理機関に戻ってきます。

預金者個人は現金を受け取る事は出来ませんが、税制優遇措置のある確定拠出年金で引き続き運用します。
トップに戻る


1000万円を越す分のカット率

金融機関が破綻した場合、1000万円の元本とその利息部分を越える定期預金(2003年4月以降は普通預金も合算)のカット率は破綻した金融機関の資産の痛み具合、悪化の具合によって決まります。

カットされる預金額は「破綻金融機関が、自己資本を全て使いきった後、それでも返せない負債がどのくらいあるか」にかかってきます。

つまり債務(負債)が資産をどれくらい上回っているかによって決まり、その上回った額を「債務超過額」と呼びます。

金融機関の資産は貸し出しです。

不良債権が膨らんで損失が増え、残りの貸し出しなど健全な資産を全部足しても、預金等の負債額に追いつかない状況に陥ってしまうのが金融機関の破綻の通例です。

貸し出し以外でも、金融機関が投資した債権や株式が投資額を大きく下回っていれば、資産が大きく目減りします。

金融機関が破綻した場合は例えば負債が1兆円で資産が6000憶円の場合、「債務超過額」は4000憶円で、預金カット率は40%となります。

金融機関の負債は大きく2つに分けられます。

一つは預金保険機構が払い戻しを保証している定期預金等の元本1000万円とその利息の部分と普通預金等の決済性預金全額(2003年3月まで)で、 その部分に関しては預金保険機構から40%のカット分を穴埋めしてくれるため、全額払い戻されます。

もう一つは元本1000万円とその利息を上回る定期預金(2003年4月以降は普通預金も合算)のカット率は40%となります。

過去の大きな破綻の一例である北海道拓殖銀行のケースでペイオフが実施されていたとしたら、カット率は20%になります。
トップに戻る


金融機関の選び方

自分の資産を守るためには当面の方法としては3つ考えられます。

まず1000万円を越える定期預金を普通預金に移す

2003年3月までは普通預金等の決済性資金は全額保護されます。

もう一つは大口の預金を複数の銀行に分割する事です。

2400万円の定期預金があるならば800万円ずつ3つの金融機関に分けて預ければ定期預金全額を守る事が出来ます。

そして郵便局の決済専用口座である郵便振替口座を利用する方法です。

預け入れ限度額が無く、国の支払保証により全額保護されます。

当面の自衛策を取った上で、じっくり長く付き合う金融機関を選ぶのが最善の方法でしょう。

参考になるのは巨額の資金の保全を考えている東京都の金融機関の経営判断基準でしょう。

東京とは※
格付け、※自己資本比率、預貯金量、不良債権比率などを組み合わせて預け入れ先を選別する予定です。

格付け・・・格付けが示のは長期債など債務の返済の可能性です。

東京都の場合は原則としてBBB−の「投資適格」以上の金融機関に絞る予定です。

ただし、格付け機関は大手銀行や一部地銀しか格付けの対象にしていません。

そのため、信用金庫や信用組合などの金融機関選びには使えません。

    主要格付会社

スタンダード・アンド・プアーズ

ムーディーズ・インベスターズ・サービス

フィッチ

格付投資情報センター

日本格付研究所

※自己資本比率・・・自己資本比率とは、総資本すなわち総資産に占める自己資本の比率をいいます。

具体的には、資本金や資本準備金、利益準備金、任意積立金などの資本勘定に劣後ローン等の負債性資本調達や一般貸倒引当金などを加えた額を計算の分子にします。

分母には、銀行資産の種類毎にそれぞれのリスクウェートをかけた金額(リスクアセット)を用い、自己資本比率を計算します。

東京都では海外で業務している金融機関は最低8%以上、国内だけで業務している金融機関は最低4%以上を基準にしました。

さらにより健全な金融機関を選ぶため、この最低基準をクリアーするだけでなく、海外業務行であれば10%以上、 国内業務行であれば6%以上であることが望ましいとの指針を示しています。

公金を守るために厳しい基準を設定した言うことが出来ます。

ペイオフ凍結解除により預金者が自己責任で金融機関を選ぶ時代が到来しました。

柳沢金融担当相でさえも「絶対安全な金融機関はない」と話しています。

これからは自分の預金は自分で守るという覚悟が必要になると言えます。

トップに戻る

格付&自己資本比率
格付はS&P社H14.7.3現在  自己資本比率はH13.9期
*はBIS最終基準、他は国内基準
金融機関名 長期 アウトルック 自己資本比率
アイフル BBBpi - -
アイワイバンク銀行 A 安定的 72.73
あおぞら銀行 BBpi - 14.33
青森銀行 BBBpi - 10.49
秋田銀行 BBBpi - 11.25
アコム BBB+ 安定的 -
あさひ銀行 BB+ ネガティブ *10.07
足利銀行 Bpi - 6.68
阿波銀行 BBBpi - 11.14
池田銀行 BBpi - 9.06
伊予銀行 BBBpi - *10.24
岩手銀行 BBBpi - 11.44
大分銀行 BBBpi - 9.51
大垣共立銀行 BBBpi - *9.59
オリックス BBB 安定的 -
オリックス信託銀行 BBB 安定的 -
鹿児島銀行 A- 安定的 12.26
紀陽銀行 BBpi - 7.01
京都銀行 BBBpi - 10.32
群馬銀行 BBB+ ネガティブ *11.30
京葉銀行 BBpi - 9.26
国際証券 BBB- CWポジティブ -
札幌銀行 BBBpi - 7.92
山陰合同銀行  BBBpi - *12.77
三洋信販 BBB ネガティブ -
滋賀銀行 BBBpi - *9.94
四国銀行 BBBpi - 9.66
静岡銀行 A+ ネガティブ *12.51
七十七銀行 BBBpi - 10.24
シティトラスト銀行 AA- ネガティブ -
十六銀行 BBBpi - *7.93
商工組合中央金庫 Api - -
常陽銀行 BBB+ ネガティブ *12.15
信金中央金庫 A+ ネガティブ -
新生銀行 BBB- 安定的 16.29
住友信託銀行 BBB ネガティブ 11.32
スルガ銀行 BBBpi - 8.87
泉州銀行 BBpi - 6.07
ソニー銀行 A- 安定的 -
第四銀行 BBBpi - 9.94
大和銀行 BB+ ネガティブ 10.06
大和証券 BBB- ネガティブ -
大和証券SMBC BBB ネガティブ -
武富士 A- 安定的 -
千葉銀行 BBB+ ネガティブ *10.31
千葉興業銀行 Bpi - 9.74
中央三井信託銀行 BB+ ネガティブ 9.06
中国銀行 Api - *10.64
東京都民銀行 BBpi - 9.11
東京三菱銀行 BBB+ ネガティブ *10.65
東銀リース BBB ネガティブ -
東邦銀行 BBB+ ネガティブ 8.42
トヨタファイナンス AAA ネガティブ -
トヨタファイナンシャルサービス AAA ネガティブ -
名古屋銀行 BBBpi - 8.71
南都銀行 BBBpi - 10.42
日興コーディアル証券 BBB ネガティブ -
日興シティ信託銀行 A+ 安定的 -
農林中央金庫 A+ ネガティブ -
野村証券 BBB+ ネガティブ -
野村信託銀行 BBB ネガティブ -
野村ホールディングス BBB ネガティブ -
バークレーズグローバル
インベンターズ信託銀行
AA- ネガティブ -
八十二銀行 BBBpi - *10.56
肥後銀行 A- ネガティブ 10.82
日立キャピタル A- 安定的 -
百五銀行 A- 安定的 8.80
百十四銀行 BBBpi - 9.69
広島銀行 BBBpi - 9.17
福井銀行 BBBpi - 8.82
福岡銀行 BBBpi - 9.14
福岡シティ銀行 Bpi - 5.11
プロミス BBB+ 安定的 -
北洋銀行 BBBpi - 8.40
北陸銀行 - - 6.57
北海道銀行 BBpi - 8.13
北國銀行 BBBpi - 11.31
みずほアセット信託銀行* BBB- - -
みずほ銀行 BBB ネガティブ *10.53
みずほコーポレート銀行 BBB ネガティブ -
みちのく銀行 BBBpi - *12.72
三井住友銀行 BBB ネガティブ *10.79
三菱信託銀行 BBB+ ネガティブ -
武蔵野銀行 BBBpi - 9.75
山口銀行 BBBpi - *11.86
山梨中央銀行 Api - 11.71
UFJ銀行 BBB ネガティブ *11.31
UFJ信託銀行 BBB ネガティブ -
横浜銀行 BBBpi - 10.17
リコーリース A 安定的 -


無断転載禁止


メイン画面に戻る
【現代美術海外作家】
アルマン, アルトゥング, アンリーローランス, ウオーホル, エルスワースケリー, カルダー, キースヘリング
ヴィアラ, クラーヴェ, ケニーシャーフ, ゴルディージョ, サムフランシス, ジャスパージョーンズ, ジムダイン
ジョージ・シーガル, ソルルイット, ソスノ, デュシャン, ドナルド サルタン, ウエッセルマン, ピカビア
フランクステラ, フォートリエ, ホックニー, パールスタン, ポール・ジェンキンス, マンレイ, エルンスト
パラディーノ, シュミアキン, ヘンリー・ムーア, ヨゼフボイス, リキテンシュタイン, ルフィーノ タマヨ
レオノールフィニー, メープルソープ, ロンゴ, 趙無極(ザオ・ウーキー)

【現代美術日本作家】
荒川修作, 靉嘔, 池田満寿夫, 今井俊満, 瑛九, オノサトトシノブ, 大沢昌助, 加納光於, 金子國義, 川俣正
木村忠太, 草間弥生, 駒井哲郎, 斉藤義重, 白髪一雄, 篠田桃紅, 菅井汲, 菅木志雄, 杉全直, 須田刻太, 関根伸夫
高松次郎, 富岡惣一郎, 奈良美智, 中西夏之, 難波田龍起, 難波田史男, 浜田知明, 彦坂尚嘉, 文田牧人, 船越桂
ミズテツオ 村上隆, 室越健美, 元永定正, 山口長男, 吉原治良, 李禹煥, 山田正亮, 脇田和

【近代美術作家】
ピカソ, ミロ, シャガール, ルオー, ローランサン, マチス, デルヴォー, テレスコビッチ, イカール, パスキン
ベンシャーン, ミレー, モーリスドニ, ブラック, レジェ, ダリ, キリコ, ヤコブボグダニー, モンティッセリ
ブラマンク, ラウルデュフィ

【日本画作家】
石踊達哉 石踊紘一, 伊東深水, 上村松園, 上村松篁, 上村淳之, 奥村土牛, 奥田元宋, 小倉遊亀, 小野具定
大山忠作, 加山又造, 片岡球子, 河股幸和, 神崎淳, 工藤甲人, 久保嶺爾, 後藤純男, 後藤順一, 国府克
澁澤卿, 杉山寧, 酒井英利, 榊莫山, 千住博, 高山辰雄, 竹内浩一, 田渕俊夫, 中尾淳, 中島千波, 中島清之
野村義照, 野々内良樹, 浜田昇児, 速水御舟, 東山魁夷, 平山郁夫, 平川敏夫, 平松礼二, 菱田春草, 藤島博文
松本哲夫, 横山大観, 森田曠平, 森田りえ子, 山口華揚, 吉田善彦

【日本洋画家】
有元利夫 , 畦地梅太郎 , 石川滋彦 , 岩戸敏彦 , 伊牟田経正 , 今井幸子 , 石坂仁良 , 梅原龍三郎
上橋薫 , 遠藤彰子 , 岡本太郎 , 荻須高徳 , 小田切訓 , 織田広喜 , 織田広比古 , 小野末 , 小田和典
岡義実 , 大津英敏 , 大沼映夫 , 小野忠重 , 香月泰男 , 葛西四雄 , 川上澄生 , 鹿子木猛郎 , 北久美子
北川民次 , 北村巌 , 木下孝則 , 木内克 , 絹谷幸二 , 小磯良平 , 小杉小二郎 , 児玉幸雄 , 国吉康雄
栗原喜依子 , 栗原一郎 , 黒沢信男 , 工藤和男 , 国領經郎 , 五味悌四郎 , 斎藤清 , 斉藤三郎 , 斉藤真一
桜田晴義 , 桜井幸雄 , 坂口紀良 , 芝田米三 , 島田三郎 , 清水悦男 , 鈴木信太郎 , 鈴木マサハル
鈴木政輝 , 杉山慎一郎 , 清宮質文 , 鷹山宇一 , 高塚省吾 , 高橋幸彦 , 高間惣七 , 谷内六郎 , 高島常雄
田崎広助 , 武本春根 , 谷川泰宏 , 智内兄助 , 辻永 , 椿貞夫 , 鶴岡義雄 , 寺井重三 , 東郷青児 , 東郷たまみ
中西利雄 , 中川一政 , 中川力 , 中山忠彦 , 中島裕子 , 中島潔 , 中山正 , 中畑艸人 , 西村龍介 , 西村計雄
野田弘志 , 浜口陽三 , 長谷川潔 , 早川義孝 , 長谷川健司 , 原清一 , 塙賢三 , 伴清一郎 , 樋口治平 , 樋口洋
平野遼 , 藤田嗣治 , 福井良之助 , 藤井勉 , 藤祥州 , 藤岡心象 , 藤城清治 , 舟越保武 , フジ子ヘミング
星襄一 , 増田誠 , 松井ヨシアキ , 松井敏郎 , 三岸節子 , 宮崎進 , 水口裕務 , 南桂子 , 向井潤吉
棟方志功 , 武者小路実篤 , 山田嘉彦 , 山中雅彦 , 山本文彦 , 山下清 , 吉岡正人
【イラスト作家】
鈴木英人 , 鶴田一郎 , きたのじゅんこ , KAGAYA , ノブハイハラ , 天広直人 , サクラ大戦 , 勢克史
道原かつみ , 松本零士 , 沖麻実也 , 島倉仁 , 小林智美 , 戸川郁夫 , 福島励史 , ジョウナイトウ
美樹本晴彦 , 羽音たらく , 相澤こたろー , いのまたむつみ

【ヨーロッパ作家】
カシニョール , カトラン , ブラジリエ , ビュッフェ , ジャンセン , アイズピリ , コタヴォ , ギヤマン
デペルト , ミノー , ラポルト , ラシス , ドラクロワ , シャロワ , ブーリエ , イカール , ガントナー
ボンコンパン , ゴリチ , ワイズバッシュ , フサロ , ラシス

【アメリカ他海外作家】
丁紹光(ティン), カークレイナート, マックナイト, ジェームズリジイ, アルホーグ, アンドリューワイエス
ジェニファーマークス, 平凡&陳淑芬, ノーマンロックウエル, レスリーセイヤー, ドンハットフィールド
ジョンポウエル, ダン・シュレシンジャー, フェアチャイルド